« Sandy e Júniorの魅力 第3回 快進撃を続けるS&J | Main | Sandy e Júniorの魅力 最終回 来日公演の見所 »

Sandy e Júniorの魅力 第4回 ブラジル音楽の重鎮達にかわいがられるS&J

・サンディは1999年に開催された「エリス・レジーナ・トリビュート・ショー」にジジ・ポッシやアルシオーネ、サンドラ・ヂ・サー、マリーナ・リマら先輩シンガー達と出演、このショーの最重要曲である「3月の雨」を歌った。出演した誰もが歌いたかったであろうこの曲をサンディーに歌わせる番組プロデューサーの思惑は当り、歴史に残る感動的名唱となった。この模様はミルトンやジョアン・ボスコ、ジョアン・マルセロ等、エリスにゆかりにあった人物達もステージ脇で観ている。

・2000年にリリースされたミルトン・ナシメントとジルベルト・ジルの共演作「ジル&ミルトン」。二人の顔合わせは各方面で話題を呼んだ。お気づきの方もいると思うが、このアルバムの2曲目「ドゥアス・サンフォーナス」にS&Jがゲスト参加している。前半部を物怖じする事無く歌いきり、後半部は大御所達も一緒なって歌っている。ブラジル音楽の重鎮達を向こうに自信たっぷりに歌う姉弟に迷いは無い。何故S&Jに召集がかかったのか?もちろん、ジルとミルトンが一番気に入り、注目している若手アーティストだからだ。
gm.JPG

・そのジルはプライベートでジュニオールにギターを教えている。ジュニオールにはギター仲間も多く、セパラトゥラのアレシャンドレや元ノヴォス・バイアーノスのペペウ・ゴメスとも交流が深い。

・アシェー・クィーン、イヴェッチ・サンガロがDVD収録用のショーにS&Jを呼んだのも記憶に新しい。この時イヴェッチはS&Jのナンバー「デスペールヂソウ」を選び、共に歌っている。

・2004年3月に開催された「セナ没後10周年トリビュート・コンサート」では、シコ・ブアルキ、ミルトン、ジル、カエターノ、イヴェッチ、ダニエラ・メルクリ、フレジャーと共に出演した。サンディーはカエターノと「サンパ」をデュエットし、ジュニオールはフレジャーとギターバトルを披露。もはやこのビッグ・ネーム達と肩を並べるまでになった。

・つい最近はテレビのショーでブラジル・ロック界の重要人物、元チタンスのナンド・ヘイスと共演した。ストーンズ好きの硬派なロッカー、ナンドがサンディーと歌うなんて...(と、ナンド・ファンは思っている?)


ジャンルを超えたブラジル音楽各界の頂点に立つスター達、その誰しもがS&Jを贔屓にしている。その理由は、皆この姉弟にブラジル音楽の未来と希望を期待しているからだ。
sjhuck.JPG

|

« Sandy e Júniorの魅力 第3回 快進撃を続けるS&J | Main | Sandy e Júniorの魅力 最終回 来日公演の見所 »

Comments

The comments to this entry are closed.