« Parque Nacional serra da capivara | Main | ALEXANDRE PIRES / Alto Falante »

Lembrança do Indio Branco / 白いインディオの想い出

近代ブラジル音楽の開祖であるヴィラ・ロボス。没後45年経った現在でも、彼は多くのブラジルのミュージシャンに影響を与え続けている。この本は、ヴィラ・ロボス本人の愛弟子であり、世界初のヴィラ・ロボス全曲集を録音したことでも知られるピアニスト、アンナ・ステラ・ シックが彼の生誕100周年にあわせて発表したものである。詳細なバイオグラフィーから、ちょっとしたエピソード(「左手でブラジルを弾き、右手でフランスを弾く」とか「私は白いインディオだ。」という彼の発言にも注目)や、ヴィラ・ロボスの楽曲&演奏方法の解説、そして主要作品目録に至るまで、ヴィラ・ロボスのファンで無くとも読み応えがあるだろう。個人的にはヴィラ・ロボスがブラジルの地方民謡を記録する為、国中を旅していたというくだりが印象的だった。
日本語版の発刊にあたり、プロのクラシック・ピアニストである鈴木裕子嬢の、ヴィラ・ロボスの音楽との出会いから、この本を翻訳するまでに至る流れも感動的だ。彼女が弾いたCDも付いているのでヴィラ・ロボスを初めて聴く人にもお勧めだ。
「ブラジル音楽とは?」という大きなテーマを紐解く為にも、ブラジル音楽に興味のある者なら必読の一冊である。


villalobos.JPG
白いインディオの想い出 - ヴィラ=ロボスの生涯と作品
アンナ・ステラ シック (著), Anna Stella Schic (原著), 鈴木 裕子 (翻訳)
価格: ¥3,150 (税込)
目次
序文
I ヴィラロボスの生涯
II 白いインディオの想い出
III さまざまな証言
IV ヴィラロボスと多作性について
V 作品と演奏―ピアノ作品・演奏解釈
VI ヴィラロボス略年譜
VII ブラジルの音楽について
エピローグ
主要作品目録
参考文献
訳者あとがき
CD収録作品リスト


おまけ

dvdvilla.JPG
Villa-Lobos, Uma Vida de Paixão/Cinema Nacional/2000 
彼の半生を描いた映画がDVD化されています。英語字幕もあるので興味ある方はご覧下さい。

リオのボタフォゴにヴィラ・ロボスの記念博物館があります。おみやげも売っていますよ。

日本でも没後45周年を記念した追悼コンサートが開かれるようです。

|

« Parque Nacional serra da capivara | Main | ALEXANDRE PIRES / Alto Falante »

Comments

The comments to this entry are closed.