« Chitãozinho & Xororó / AQUI O SISTEMA É BRUTO | Main | Vários (Chico Buarque) / Os Saltimbancos »

Tati Quebra Barraco / Boladona

ブラジルのあらゆる都市に隣接する無数のファヴェーラ。確かに、麻薬密売やマフィア同士の抗争が日常となっている危険地区で、外部の人間が気軽に立ち寄れる場所ではないということは間違いないが、そこに住む(住みざるを得ない)カタギの人々は貧しい生活の中にも豊かな心を持ちたいと願っていると信じたい。
リオデジャネイロのファヴェーラでは、カルトーラやネルソン・カヴァキーニョを筆頭に、サンバ界の数多くの重鎮達が生活していた。ポピュラーミュージック界においても、ブラジルのソウル界の帝王チン・マイアや、最近ではファヴェーラの子供達の教育にも力を入れているマンゲイラのイヴォ・メイレレス、役者としても活動している元ファロファ・カリオカのセウ・ジョルジといった、ブラジルを代表するような音楽家がファベーラの出身だ。
そして現在、ファヴェーラに住む若者の間で圧倒的な人気を誇るのが「ファンキ・カリオカ」と呼ばれる音楽だ。これは70年代から続くファヴェーラのディスコ・パーティー、「バイリ・ファンキ」の延長線上にあるもので、以前は欧米のブラック・ミュージックや、それらに影響を受けたブラジル人ミュージシャンによるソウルやファンクなどが主体だったのだが、現在の主流は、機器の発達に伴う打ち込みやラップ、マイアミ・ベースなどの要素が複雑に絡み合い発展し、ファンキ・カリオカ独特ののスタイルを確立した。低音を強調した重いビートの上にピコピコと電子音が飛び交い、怒鳴り声のような歌とラップ(と言えるかどうか微妙だが。)が特徴だ。欧米で一般的に言われる「ファンク」とは異なるブラジル独特のものだ。

そのファンキ・カリオカのシーンに新しい才能が誕生した。Tatiana dos Santos Lourenço、通称Mc Tati Quebra Barraco。映画にもなったシダーヂ・ヂ・デウスの出身。12歳の頃からバイリ・ファンキのパーティーに顔を出すようになり、すぐに曲を作り歌い始める。たちまち地元で人気を集めると、噂を聞いたバイリ・ファンキ界の有名プロデューサーDJ マルボロの目に留まる。彼の力添えもあり、Tim Festivalに出演、多くの取材を受けるとTVにも出演し一躍時の人となる。あのカエターノ・ヴェローゾも絶賛したとか。この1stアルバム「Boladona」には、同郷の先輩であるBonde do Tigrãoが(16)にゲスト参加、華を添えている。彼女は先月ドイツ、スイス、オランダとヨーロッパ公演も大盛況のうちに終えており、国際的に売れるのもそう遠くないだろう。プライベートでは2児の母親でもあるそうだ。

tatifoto.JPG
"Quebra Barraco"とは"壊れたバラック小屋"の意味。


taticd.JPG
Tati Quebra Barraco / Boladona
1-BOLADONA
2-MONTAGEM DO CARTÃO MAGNÉTICO
3-KABO KAKI
4-VOU BOTAR VOCÊ NA PISTA
5-SATISFAÇÃO
6-TAPINHA ATRAZ TAPA NA FRENTE
7-GUERREIRA
8-SE MARCAR
9-SOU FEIA MAS TÔ NA MODA
10-MONTAGEM CARDÁPIO DO AMOR
11-MATEMÁTICA
12-MONTAGEM ARDENDO ASSOPRA
13-DEMOLE MEU BARRACO
14-DAKO É BOM
15-YURI JUVENTUDE
16-ORGIA
17-DEMORO JÁ É
18-PRA ESQUERDA PRA DIREITA

|

« Chitãozinho & Xororó / AQUI O SISTEMA É BRUTO | Main | Vários (Chico Buarque) / Os Saltimbancos »

Comments

The comments to this entry are closed.