« 中隅哲郎 / ブラジル学入門 | Main | SNZ / SNZ »

Fat Family em Oizumi Bunkamura Domingo, Dezembro 12, 2004

行ってきました。大泉。

まずはブラジリアン・プラザへ。Banco do BrasilやAlpha Intelの来年のカレンダーをGetしたり、キタンジーニャで買い物したり。なんとBraga Boysの幻のCDを発見。
大泉在住のdunさん、友人のCarlosさんと合流、プリマヴェーラへ。もちろんシュハスコ食べ放題をオーダー。以前掲示板に書き込んで頂いたPobreさん、そしてdunさんの奥さんも急遽参加し、しばし談笑。
お店を出るとクラウヂオさんとちなみさんが。なんと先ほどお店で歌っていたVia Brasilのメンバーとして演奏していたそう。(本日は2Fで演奏していたので全然気付かなかった。)
Pobreさんに車で案内してもらってメルカド・タカラとメルカド大泉をチェック。タカラでは50円になったセールのRevistaを大量購入、メルカド大泉では750円CDを数枚購入。その後、本日の会場の大泉文化むらまで送って頂く。(ありがとうございます!)
入場開始したので客席に入る。(ちゃんと前売り券買っていますよ!)お客さんはほとんどブラジル人。家族連れや若いグループが目立つ。報道陣もJoven Pan、Radio Fenix、IPC、Tudo Bemとほとんどの在日ブラジル・メディアが取材に来ていた。携帯電話を使って生放送している。やがて司会者が登場、いよいよショーがはじまる。
メンバーが登場、先日の東京公演より遥かに衣装やヘア・メイクがゴージャスになっている!!
まずはSom Brasilの伴奏でヒット曲を続けて披露、4曲目に早くも「Shy Guy」を歌うと会場はオールスタンディングに。
アカペラや打ち込みの曲、「スタンド・バイ・ミー」やEW&Fの「セプテンバー」のポル語カヴァーと次々と披露。あっという間の1時間半でした。(ここはあまり書くとネタバレになるので、これぐらいで...)
驚いたのはこの後。なんとメンバー全員が会場ロビーに出てきて、お客さんと写真撮影会。1時間以上やってました。なんとファン思いの人達でしょう。
やがて時間が迫り後ろ髪を引かれる思いで会場を後に。
東京公演もそうでしたが、大泉公演も心温まる素晴らしいステージでした。


fatoizumi
この模様は12/26にTBS系「世界ウルルン滞在記スペシャル」で放映されるそうです。


|

« 中隅哲郎 / ブラジル学入門 | Main | SNZ / SNZ »

Comments

The comments to this entry are closed.