« Folha on line Japan | Main | O Zen-Sambista »

Demônios da Garoa

デモニオス・ダ・ガロア。このグループの名は知らなくても、「11時の夜汽車」を聴いたことがある人は多いのではないか?ガル・コスタが歌ってヒットしたこの曲は、元々は故アドニラン・バルボーサとお抱えバック・バンドのデモニオス・ダ・ガロアの持ち歌だった。

先週、このグループの最後のオリジナル・メンバーが亡くなったそうだ。、残念ではあるが、60年以上も続いている長寿グループゆえ何とか活動は継続させて欲しい。(トリオ・ロス・パンチョスみたいになってもそれはそれでいいと思う。)

カルトーラやネルソン・カヴァキーニョなどのリオのサンバは日本でも有名だが、サンパウロのサンバも粋で洗練された楽曲が多く、どれも聴き逃せない。

デモニアス・ダ・ガロアはサンパウロのセントロにあるBar Brahmaに毎週木曜夜に出演していた。今後再び演奏するかどうか分からないが、機会があれば是非一度生で聴いてみたい。
garoa

|

« Folha on line Japan | Main | O Zen-Sambista »

Comments

去る2月17日、サンパウロのBAR BRAHMAで彼らの生演奏がありましたよ。「デモニオス・ダ・ガロアがバーブラマに帰ってきた!」との宣伝文句の広告をみて、すごく行きたかったのですが、お世話になった方が「サンパウロでスッポン料理を食べさせてくれる」というので、そちらのお誘いにのり、ライブ鑑賞を断念。次はいつどこでやってくれるのでしょうか?ご老体が気にかかります。
ちなみに、ブラジルのスッポンはデカイらしいですが、日本のスッポンをみたことがないので比較できませんでした・・・。

Posted by: エスパッソブラジル・おかみ | 05/03/07 02:15

>エスパッソブラジル・おかみ

うぅ、ブラジル行きたい、禁断症状が...。

Posted by: Willie | 05/03/07 12:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Demônios da Garoa:

« Folha on line Japan | Main | O Zen-Sambista »