« "Mito" Elis Regina completa 60 anos de nascimento | Main | Fome Zero »

大邸宅と奴隷小屋

ブラジル学を学ぶものにとって決して外すことの出来ない名著、ジルベルト・フレイレの「大邸宅と奴隷小屋」が遂に日本語訳されました。映画版もご覧になった方も多いと思いますが、やはり何度も読み返したいし、資料的にも使いたいのでこれは嬉しいです。翻訳も東京外語大の教授の方なので完璧です!ちょっと高いですが一生物ですし是非是非読んでみて下さい!!ブラジルはこの本無しには語れません!!

dorei


|

« "Mito" Elis Regina completa 60 anos de nascimento | Main | Fome Zero »

Comments

これってポルトガル語から訳してます?

Posted by: めぎゅ。 | 05/03/20 at 05:11

まだ注文したばかりで現物を見ていませんが、鈴木先生はブラジル専攻とのことなので、間違いないと思います。

Posted by: Willie | 05/03/20 at 11:59

どうも。お世話になっております。
私は、まだこの本読んでないんですよね。
あまりに有名なのに。(この本以外にも読んでいないブラジル本は数知れず~)
初めて日本語版が出たんですか?。
去年妹夫婦が日本に里帰りしたときに、私と同じ、ブラジル好きの、妹の旦那の、クリスチャンが、旅行かばんの中に入れてて、今読んでる、と言ってました。ドイツ語版です。なんで、読んでるの?って、聞けばよかったなぁ~。なんか、まとまらない文ですみません!。
近いうちに、図書館で借りるか、自分で買うかして、読みます!。(←誓い)

Posted by: 山本圭子 | 05/03/21 at 10:35

>山本圭子さん
地震、大丈夫でした?

これ、自分も映画版しか見ていないんですよ!
ブラジルを理解する為には自身の考え方をブラジルに持って行かなければならない、と感じました。
ドイツ語版も出ているんですね。

これで、後はシコのお父さんの本が復刻されてくれれば言うこと無しです!!(ここ頼めるのかな?)
http://www.bk1.jp/0032/00328622.html

Posted by: Willie | 05/03/21 at 18:32

え??
映画があるんですかぃ??
しらなんだ。
是非見てみたいです。。。

今日でかい本屋で探したけど、おいてにゃかったなぁ~。

Posted by: めぎゅ。 | 05/03/22 at 11:13

地震、怪我もなく大丈夫でした。
やはり、福岡に住んでいると、地震に対する備えがないままなのに、気づかされました。
関東の人は、凄いなー、と思いますよー!。非常用持ち出し袋とか。

Posted by: 山本圭子 | 05/03/22 at 11:15

>めぎゅさん
そういうときにはセブンイレブンで受け取り出来るYahooブックスで頼みましょう!流石日本一のコンビニ!!
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31505123
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31505119

>山本圭子さん
何事も無くてなによりです。一応うちにも非常袋あります。が、中身の保存食、賞味期限切れているかも?

Posted by: Willie | 05/03/22 at 12:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54204/3363385

Listed below are links to weblogs that reference 大邸宅と奴隷小屋:

« "Mito" Elis Regina completa 60 anos de nascimento | Main | Fome Zero »