« Saudade de Tião Carreiro | Main | 来日情報 »

天皇の船

日本とブラジルで起きた殺人事件の被害者の手に握られた旧円紙幣の謎を追う新聞記者たち。戦後移民史の闇を描く超弩級サスペンス


まだ読みかけですがメチャクチャおもしろいです。戦後の混乱期、日本からブラジルに渡った移民達。それから約40年が経った1988年、サンパウロと新宿でほぼ同時に二つの事件が...。現実とフィクションが交錯するストーリーには軽いめまいさえ感じます!!
かなり精密に史実を考証していますが、それもそのはず、この作品、あるブラジル在住の著名ジャーナリストが変名で書いているとか...。


tennou
天皇の船麻野 涼 (著)
文芸春秋社  ISBN: 4163196102

|

« Saudade de Tião Carreiro | Main | 来日情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天皇の船:

« Saudade de Tião Carreiro | Main | 来日情報 »