« Noite do Forro | Main | 来日情報 »

Caculinha / Para Ouvir

昨日はジャズのライブハウスへ。
ジャズの店なんて多分十数年ぶり?最近仲良くさせてもらっているピアニストの方が出演されるということで聴きに行きました。

割とソフト、甘めの曲が中心で、ブラジルの曲も演奏されました。ルイス・エサの「ボト(ドルフィン)」はソロ、ウッドベースとドラムも入ったトリオではアリ・バホーゾの古典を。

ジャズの人がブラジルを演奏すると、わりと上っ面だけで弾きがちなのですが、彼の演奏は「ブラジルサイドから見たジャズ」という解釈で、ニュアンスもブラジル人的でした。お話しすると温和な方ですが、実はそうとう研究されていると思います。

さて、ブラジルにも多くの優れたピアニストがいます。この人もそう。かつてはエリゼッチ・カルドーゾやドリス・モンテイロのバックをやっていました。最近はホテルのラウンジでの仕事が多いらしいですが、こんな素敵なピアノだったら打ち合わせも集中できなそうです。

Caculinha / Para Ouvir
caculinha

|

« Noite do Forro | Main | 来日情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Caculinha / Para Ouvir:

« Noite do Forro | Main | 来日情報 »