« 映画「Oi、ビシクレッタ」を | Main | Nara Leão / Ensaio »

Barzinho

「バールジーニョ(バルジーニョ)」。
日本ではあまりなじみの無い言葉ですが、ブラジルではちょっとしたバール(バー)やボテコ(居酒屋)には、BGM代わりにギター弾き語り奏者がスタンバイしていて、なんとなくというか、適当にというか、ゆるい感じで歌っています。
ジャンルはボサノヴァ~MPBのスタンダード曲から、最新のヒット曲までブラジルの曲ならなんでも。(時にはビートルズなどの欧米の曲を歌ったり。)そのレパートリーの広さにはびっくりです。
お客さんも、好きな曲をリクエストしたり、一緒に歌ったり、その辺においてあるパンデイロやタンボリンで演奏に参加したりします。
でも重要なのは「適度なゆるさ」。場の空気を無視したリクエストをしたり、でしゃばりすぎてもいけません。決まりごとだけではつまらない。適度なゆるさがポイントです。

ブラジルではおなじみの光景ですが、90年代後半にちょっとしたブームがあって、この世界から何人かのスターが誕生しました。CDをリリースしてしまった人もいます。全く無名なのに驚異的なテクニックの保有者も多く、ブラジル音楽界の層の厚さを感じさせられます。

なかでもへナート・ヴァルガスはこの分野で大成功した弾き語り奏者。このCDは第5弾まで制作されました。
多分いまでもどこかのバールで歌っているでしょう。


Renatovargas
Renato Vargas / O Som Barzinho
01 Sampa
02 Romaria
03 Quem Te Viv, Quem Te Ve
04 Andanca
05 Corracao de Estudante/Maria, Maria
06 Felicidade/Regra Tres/Isso Aqui O Que E
07 Espanhola
08 Dona
09 Tarde Em Itapo/O Bebado E a Equilibrista
10 Eu Sei Que Vou Te Amar
11 Noite Do Meu Bem/Castigo
12 Coracao Leviano
13 Que E, O Que E?
14 Flor de Lis

|

« 映画「Oi、ビシクレッタ」を | Main | Nara Leão / Ensaio »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映画「Oi、ビシクレッタ」を | Main | Nara Leão / Ensaio »