« Rolling Stone日本版 | Main | Terca »

Na Estrada da Vida

映画「フランシスコの二人の息子」絡みでひとつネタを。

実は、実在のセルタネージョのデュオが主人公を演じる映画というのは「フランシスコの二人の息子」が初めてではありません。
今から27年前、巨匠ネルソン・ペレイラ・ドス・サントスが撮影した「Na Estrada da Vida」 という作品は、実在のセルタネージョ・コンビのMilionário e José Ricoを起用して制作されたコメディ作品。

売れないセルタネージョのデュオ、Milionário(百万長者)とJosé Rico(金持ちジョゼ)は成功の願を掛けにAparecidaにお参りに行きます。賽銭も持ち合わせてなかった二人は自分たちのレコードを捧げて帰ります。
そのレコードをたまたま手に取った神父さんが知り合いのラジオ局のDJに渡して...。とここまで書けば全てが分かる単純明快なストーリー。

彼等二人はこの映画に出演したことがきっかけとなり、本当にブレイクしました。

確かにストーリーは陳腐かもしれませんが、当時のブラジルではこんな庶民派映画がもてはやされていたそうで、このあたりの背景を理解するように心がければ、必然的にブラジルの音楽ももっともっと理解できるようになるんでしょうね。

ちなみに、日本でも何度か上映されています。

Naestradadavida

|

« Rolling Stone日本版 | Main | Terca »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Rolling Stone日本版 | Main | Terca »