« カフェ・ド・セントロでボサノヴァのライブがスタート!! | Main | ブラジルのHIP-HOP界の大物が緊急来日!?! »

Jeito Moleque / Som Do Bem

リリースは昨春ですが、自分の中でマイ・ブームが来たので紹介。

かつて国策として世界に広められたことからも分かるように、サンバはブラジルを代表する音楽の一形態です。
今日では世界中の様々な音楽と融合、スタイルに消化(昇華)し発展を遂げています。
「融合」、それは混血国家であるブラジル文化の根底にあるもので、ブラジル人なら誰も否定はしません。

音だけ聴くとキャッチー過ぎるという人もいるかもですが、現代において一般のブラジル人が求めている音とはこういうスタイルなのです。そもそも彼等もゼカ・パゴヂーニョのヒット曲からグループ名を引用しているということからも先人に対してリスペクトしているのが分かると思います。
今、一番ブラジルで売れているサンバは彼等をはじめソヒーゾ・マロート、エザルタサンバ、ヘヴェラサォンであることは紛れも無い事実です。
最近では日本でもこういった今日の王道路線をカヴァーする若者達が増えているみたいで喜ばしい限りです。
重箱の隅をつつく前にまずはきちんと押さえておきたいですね。


Osomdobem
Jeito Moleque / Som Do Bem
01. Sem Radar
02. É Mágica
03. Não Tem Erro
04. Nas Nuvens
05. Já É
06. Estrela Cadente
07. Dia Louco
08. Rico de Amizade Games People Play Já Venci
09. Avidaé Engraçada
10. Teu Regredo
11. Se Quiser Tem
12. Deixaeu Tocar O Seu Coração
13. O Som Do Bem

|

« カフェ・ド・セントロでボサノヴァのライブがスタート!! | Main | ブラジルのHIP-HOP界の大物が緊急来日!?! »

Comments

メディアのフィルターを通してしか見られない人間が、ジェイト・モレッキのサンバは残念だという。片腹痛いとはこのこと。現代のサンバをジェイト・モレッキは歌うからブラジル人は感極まって涙するのだ。新しいサンバの中でもとりわけど真ん中の作品だと僕は思っている。

Posted by: taco | 08/01/27 at 11:14

まあフンド・ヂ・キンタルが日本で紹介された時も旧来のサンバ・ファンからは非難ごうごうだったといいますしね。
数年後に期待しましょう。

Posted by: W | 08/01/27 at 16:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カフェ・ド・セントロでボサノヴァのライブがスタート!! | Main | ブラジルのHIP-HOP界の大物が緊急来日!?! »