« Daniel Gonzaga / Comportamento Geral | Main | Marcelo Bratke e Camerata Vale Musica来日決定! »

ヘナート・ブラスよりインタビューが届きました。

初来日を目前に控えたヘナート・ブラスよりインタビューが届きました。

日曜日のショウはまだ少し空席があるそうです。見逃すと後悔しますよ!!


------------------------------

ヘナート・ブラス インタビュー (訳 荒井めぐみ)


■まずは自己紹介をお願いします。

歌手のヘナート・ブラスといいます。40歳です。最初はサンパウロの小さなバールで歌い始め、1996年にデビュー・アルバムを録音しました。それから今まで5枚アルバムが出ています。MPB歌手として活動してきました。


■好きなアーティスト、影響を受けたアーティストを教えて下さい。

影響を受けたアーティストは、チン・マイア、クラウジオ・ヌッシ、ミルトン・ナシメント、ドリ・カイミ、ジョアン・ノゲイラ、それにネイ・マットグロッソです。誰が一番好きかと言うのは難しいけれど、ドリ・カイミを初めて聴いたときには、世界が変わりました。彼の中にブラジル音楽の本質的な核を内包しているんです。そのことに感銘を受けました。


■ポール・ウィンターとはどのようにして知り合ったのですか?

そのことについて話すと、連続ドラマが一本出来ますが(笑)、僕のデビューアルバムに入っている「Anabela」という曲が、何年か前に「The Rough Guide」という(米国でリリースされた)ブラジル音楽のコンピレーションアルバムに収録され、ポールはそれを聴いてくれていたそうなんです。さらにその5年後に、とあるブラジル人の友達を介して、ポールは僕のデビュー・アルバムに出会ったのですが、このアルバムにはオスカル・カストロ・ネーヴィスの曲も入っています。オスカルはポールの友達だったんですよ!そこで、ポールはオスカルに電話をして、オスカルはドリ・カイミに電話をして、僕にポールの電話番号を教えてくれました。もうその年には、Winter Solsticeでニューヨークのライブに招かれて参加しました。それから、いつも一緒に演奏しています。ポールは本当に素晴らしい友人で、とても尊敬しています。


■現在レコーディングしている新作について教えて下さい。

ポールはこのアルバムに参加するだけでなく、Dixon Van Winkleとともに、アルバムのプロデュースもしています。このアルバムでは、ブラジル音楽の黄金期の作曲家たちの音楽と、僕の今の音楽を取り上げていて、ブラジル音楽の作品になります。アルバムには古くからの友人であるシザォン・マシャード、ブレー&ジェルソン・オイカワ、さらに、ポール・サリバン、Eugene Friesen、それにPaul Mc Candlesといったアメリカの友人たちも参加しています。


■今回のショーのみどころは?

どこと言うのは難しいですね。日本で公演ができることにとても感動しています。日本の文化を心から尊敬していますし。今年、ブラジルでは、日本人のブラジル移民百周年をお祝いしています。それだけでも、自分の音楽を引っさげて日本という国に初めて行けることにとても感激してしまうんです。ちょうど、日本人移民が辿った道のりと反対の道のりを辿ることになります。日本人移民は、ブラジルの文化を豊かにしてくれました。本当に日本が好きなので、日本の曲も何曲か歌えるようになりましたよ。


■日本のファンにメッセージをお願いします。

日本生まれのマスダ・ミヨコというとても素晴らしい友達がいて、その息子のジュン・マスダと、とても仲良くしているんです。10年位前に彼の家にお邪魔したときに「七つの子」という日本の歌を覚えました。この歌を日本のみなさんに捧げたいです。この歌が、僕たちの心の道しるべとなってくれるでしょうから。

ヘナート・ブラス

Renato_braz

|

« Daniel Gonzaga / Comportamento Geral | Main | Marcelo Bratke e Camerata Vale Musica来日決定! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Daniel Gonzaga / Comportamento Geral | Main | Marcelo Bratke e Camerata Vale Musica来日決定! »