« Forró do Muído | Main | 「日系人をめぐる法」 »

10年代、誰がブレイクするのか?(女性シンガー編)

某氏のリクエストを受けて書きます。


気がつけばもう2010年。この間2000年問題でPCがおかしくなると言ってたのに、それからもう10年ですね。早い!
90年代に大ブレイクしたイヴェッチ・サンガロを筆頭に、ゼリア・ドゥンカンやアドリアーナ・カルカニョット、日本でも根強い人気のマリーザ・モンチ等は大御所の域に達していますね。00年代にはアナ・カロリーナとヴァネッサ・ダ・マタ、マリア・ヒタが三つ巴の人気の脇で、アイドルからデビューしたホベルタ・サーやルイザ・ポッシ、逆輸入的にブラジルでもヒットしたベベウ・ジルベルト等々、女性シンガー界は花盛りでしたね。

と言う訳で、2010年の現在、ブラジルで噂になっている今後大ブレイクが予想される女性シンガーを紹介します。


本命1。イザベラ・タヴィアーニ。ブラジルでは第2のアナ・カロリーナの地位を既に確保、FM局によってはチャート首位を獲得。これはあこがれのゼリアを迎えて。

本命2。アナ・カーニャス。既に大箱で歌ってるのに日本ではいまいち盛り上がらいのは何故?


日本でも知られてきたマルー・マガリャエンス。もう一部では話題沸騰、先日リリースした2ndの半数の曲はポルトガル語で歌ってます。まだ17歳、末恐ろしいですね。


ババド・ノヴォから独立したクラウヂア・レイチ。今後はアシェー以外も歌っていくといってましたが、バイーアからブラジルを代表する歌手にステップアップするのか?


英語カヴァーのバールジーニョ・スタイルでブレイクしたダニ・カルロス。いよいよポル語オリジナルで勝負。
これは貼り付けできないのでここから観て下さい。


カントリー・ポップ界からはパウラ・フェルナンデス。容姿とともにテレビにひっぱりだこ。


ブラジリア出身のタニア・マラ。カヴァー曲のセンスが良いです。タニア・マリアと間違えないように!


ナタル出身のマリーナ・エラーリ。ジョン・セカダをゲストに迎え英語で歌ったのは北米進出を視野に入れたからでしょうか?


ここのところ女優業に専念していたマルジョリー・エスチアノ。そろそろ新作の噂も。


米国ではベベウ・ジルベルトを超えたと言われているセウ。ブラジルでもブレイクするか?


これはグループですが女性メインなので。エヴァの時にはパッとしなかったエマニエル、ここでガツンと行って欲しい!!


R&B界も充実、映画『アントニア』に出演していたレイラ・モレーノとシンディ・メンデス。頭一つ抜けたネグラ・リに追いつくか?

と、今が満開となっています!!リアルタイムで聴いときましょう!!

Paulafernandes

obs
これでよろしいでしょうか?>某氏。
自分もこのままではヨーロッパや米国に比べて日本だけが周回遅れとなる危惧をもちましたので。
というか、プロなんだしこれぐらい聴いとけっ!て感じですね。

|

« Forró do Muído | Main | 「日系人をめぐる法」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Forró do Muído | Main | 「日系人をめぐる法」 »